皆の本棚にある岡崎 琢磨の本

岡崎琢磨
岡崎 琢磨(おかざき たくま、1986年7月7日 - )は、日本の推理作家。福岡県太宰府市出身、東京都在住。 略歴・人物 福岡県内の高校を卒業後、京都大学法学部に進み、京都市左京区高野に4年間住む。作家を志すまではミュージシャン志望であったため高校時代にロックバンドを組み、ギターとボーカルを担当し作詞作曲もすべて手掛ていたが「小説の方が性格に合っている」と確信してからは迷わず書き続け、就職活動は一切しなかった。卒業後は福岡県に戻って実家の寺院に勤務しながら執筆を続け、2011年、『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』が第10回『このミステリーがすごい!』大賞の最終選考に残る。受賞には至らなかったが、原稿を手直しした上で、いわゆる“隠し玉”として出版されたところ、わずか数か月で40万部を超えるベストセラーとなった。2013年、『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』で第1回京都本大賞を受賞した。 作品リスト 珈琲店タレーランの事件簿 珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を(2012年8月 宝島社文庫) 珈琲店タレーランの事件簿2 彼女はカフェオレの夢を見る(2013年4月 宝島社文庫) 珈琲店タレーランの事件簿3 心を乱すブレンドは(2014年3月 宝島社文庫) 珈琲店タレーランの事件簿4 ブレイクは五種類のフレーバーで(2015年2月 宝島社文庫) 中編小説 季節はうつる、メリーゴーランドのように(2015年7月 角川書店) アンソロジー 「」内が岡崎琢磨の作品 もっとすごい!10分間ミステリー(2013年5月 宝島社文庫)「葉桜のタイムカプセル」 5分で読める!ひと駅ストーリー 夏の記憶 西口編(2013年7月 宝島社文庫)「名前も知らない」 5分で読める!ひと駅ストーリー 降車編(2012年12月 宝島社文庫)「旅の終着」 5分で泣ける!胸がいっぱいになる物語(2015年3月 宝島社文庫)「葉桜のタイムカプセル」 5分で読める!ひと駅ストーリー 食の話(2015年10月 宝島社文庫)「このアップルパイはおいしくないね」 解説 七尾与史『ドS刑事 三つ子の魂百まで殺人事件』(2014年8月 幻冬舎文庫) 出典 外部リンク 岡崎琢磨 (@okazakitakuma) - Twitter。

12345

12345