皆の本棚にある山崎 ナオコーラの本

山崎ナオコーラ
山崎 ナオコーラ(やまざき ナオコーラ、yamazaki nao-cola、1978年9月15日 - )は、日本の小説家。本名、山崎 直子(やまざき なおこ)。福岡県北九州市生まれの埼玉県育ち、東京都在住。國學院大學文学部日本文学科卒業。國學院大学兼任講師として日本近現代文学を講じている。 2004年、「人のセックスを笑うな」で第41回文藝賞受賞。同作で第132回芥川龍之介賞候補。 2006年、『浮世でランチ』で第28回野間文芸新人賞候補。 2008年、「カツラ美容室別室」で第138回芥川賞候補、『論理と感性は相反しない』で第30回野間文芸新人賞候補。 2009年、「手」で第140回芥川賞候補、『男と点と線』で第31回野間文芸新人賞候補。 2010年、『この世は二人組ではできあがらない』で第23回三島由紀夫賞候補。 2011年、『ニキの屈辱』で第145回芥川賞候補。 2013年、『昼田とハッコウ』で第35回野間文芸新人賞候補。 作品の心理描写が高く評価されているが、それには少々驚いているようで「小説は映画と違って、人物が出てきたときにはそれは紙の上でのインクの染みでしかないんですよね。

12345678910

12345678910