皆の本棚にある小泉 武夫の本

小泉武夫
小泉 武夫(こいずみ たけお、1943年8月27日 - )は日本の農学者、発酵学者、文筆家。東京農業大学名誉教授(農学博士)。専門は、発酵学、食品文化論、醸造学。 1943年 福島県小野町の酒造家に生まれる。 1966年 東京農業大学農学部醸造学科卒業 1976年 博士論文「酵母の生成する香気に関する研究」で東京農業大学より農学博士号を取得 1982年 東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授 1994年 財団法人日本発酵機構余呉研究所(滋賀県余呉町)所長 2009年3月 東京農業大学を定年退職、同大学名誉教授 この間、鹿児島大学客員教授、別府大学客員教授を歴任。 1994年4月から日本経済新聞の夕刊に連載しているコラム「食あれば楽あり」が好評を博している。コラム内では「小泉造語」といわれる独特の表現を多用、いずれも味わいがあり、食物の美味そうな様子が伝わる巧みな文章である。あだ名は「味覚人飛行物体」、「走る酒壷」、「鋼鉄の胃袋」、「発酵仮面」、「人間リカオン」、「ムサボリビッチ・カニスキー」。

123

123