皆の本棚にある小林銅蟲の本

小林銅蟲
小林 銅蟲(こばやし どうむ、1979年9月4日 - )は、日本の漫画家。Web漫画『ねぎ姉さん』の作者。 神奈川県出身。明治大学付属中野八王子中学校・高等学校、日本大学生物資源科学部海洋生物資源科学科卒業。 大学在学中『コミックビーム』に1年間持ち込みを行うも全てボツを喰らう。宮塚タケシのアシスタントとして活動する傍ら、あやしいわーるどに掲載されていた「コボちゃん」のパロディ漫画に影響を受け、自らのサイトで「ねぎ姉さん」の掲載をはじめた(当初あやしいわーるどにアップロードしていたが、同所のアップローダーが無くなったためサイトを立ち上げた)。ちなみに、香山哲のブログのコメント欄で、自身が長ねぎを食えないことを明らかにしている。 アシスタントの多忙さに加え主治医が死去したことが重なりうつ病が悪化、仕事場の階段から飛び降りる。外傷性クモ膜下出血を負う。手術より回復しアシスタントを辞めた後、Livedoorの第16回デイリー4コマグランプリに、そのサイトで公開していた「ねぎ姉さん」の第570話を投稿したところ、優勝作品に選ばれる(ちなみに第14回、第15回でも「四コア」と題した作品を投稿し優勝作品に選ばれている)。