皆の本棚にある小川 糸の本

小川糸
小川 糸(おがわ いと、1973年 - )は、日本の小説家、作詞家、翻訳家。Fairlifeのメンバー。作詞家の際の名義は、春嵐(しゅんらん)を使用。2008年から2012年までアミューズ所属。山形県山形市出身。 夫はFairlifeのメンバーとしてもともに活動している編曲家の水谷公生。 清泉女子大学で日本古代文学を学ぶ。1999年、雑誌『リトルモア』に「密葬とカレー」を発表し小説家デビューを果たす。その後いくつかの小説を発表したのち、2004年に浜田省吾と水谷公生とともに音楽ユニット「Fairlife」の結成に参加。「春嵐」名義で作詞を手掛けている。 作家としての活動はしばらく途絶えていたが、2007年に初の絵本を上梓し、さらに翌2008年に小説『食堂かたつむり』を発表。同作は第1回ポプラ社小説大賞に応募し、最終選考にも残らなかった作品であるがベストセラーとなり、富永まい監督によって映画化され、2010年2月6日に公開された。

12345678910

12345678910