皆の本棚にある小原國芳の本

小原國芳
小原國芳(おばら くによし、1887年4月8日 - 1977年12月13日)は、日本の教育学者。最後の私塾創立者で、学校法人玉川学園の創立者。永野修身海軍大臣直属海軍教育顧問なども務めた。日本基督教団のクリスチャン。 生涯 1887年、鹿児島県川辺郡久志秋目郷久志村(川辺郡坊津町久志⇒現・南さつま市坊津町久志)に生まれる。13歳で通信技術養成所に入所し、鹿児島大浜海底電信所の技手となった。 後に鹿児島師範学校・広島高等師範学校を卒業。1913年、香川師範学校教諭となる。 1915年、29歳で京都帝国大学文学部哲学科に入学し、1918年に卒業。卒業論文は「宗教による教育の救済」で、原稿用紙1500枚におよぶ長大なものであった(後に改稿し『教育の根本問題としての宗教』として刊行)。 大学卒業後、広島高等師範附属小学校教諭・理事(教務主任に相当)となる。1919年、澤柳政太郎が成城学園を創設するに当たり、長田新の推挙で成城小学校主事(訓導)として赴任。 1921年には、八大教育主張講演会において「全人教育」の理念を唱える。

  • 師道

     
     
     5%

    19740110第一刷発行 19751110第四刷発行 玉川大学出版部 Amaz…

    ゆたゆたさんの本棚 [残りページ数:161] 2017/08/18 15:03:33 更新