皆の本棚にある寺村 輝夫の本

寺村輝夫
寺村 輝夫(てらむら てるお、1928年11月8日 - 2006年5月21日)は、日本の児童文学作家。東京都出身。代表作は『王さまシリーズ』、おはなしりょうりきょうしつ『こまったさん』『わかったさん』シリーズ、『かいぞくポケット』など。日本を代表するナンセンス童話作家とされる。 少年時代 東京都本郷区(現・文京区)真砂町に、9人兄弟(兄7人・妹2人)の6男として生まれる。天皇即位礼(御大典)の影響で典夫と名づけられる予定だったが、よくありそうな名前だという事で、当時の新聞に目立った「輝」をつかって輝夫と命名。幼少時は、「特定の境遇にある者を差別してはいけない」と寺村に何度も教えた母(浅草田原町の宮大工の娘)の後を追いかけてばかりだったという。父は日本橋馬喰町の名刺メーカーに勤める中流階級。 関東大震災の影響により、1930年に東京都北豊島郡岩淵町(現・北区西が丘)の集合住宅に移転。1934年、東京市立第三岩淵尋常小学校入学。1938年、担任の女性教師が『日本伝説民話集』をクラスに読み聞かせ、これが創作物語の面白さに目覚めた、最初の体験となる。

1234

1234