皆の本棚にある宮部 みゆきの本

宮部みゆき
宮部 みゆき(みやべ みゆき、1960年12月23日 - )は、日本の小説家。東京都江東区生まれ。日本推理作家協会会員。日本SF作家クラブ会員。雑誌幻影城ファンクラブ「怪の会」出身。 OL、法律事務所、東京ガス集金課勤務の後、小説家になる。1987年、「我らが隣人の犯罪」でデビューする。以後、『龍は眠る』(日本推理作家協会賞受賞)『火車』(山本周五郎賞受賞)『理由』(直木賞受賞)『模倣犯』(毎日出版文化賞特別賞受賞)などのミステリーや、『本所深川ふしぎ草紙』(吉川英治文学新人賞受賞)『ぼんくら』などの時代小説で人気作家となる。ほかに、ファンタジーやジュブナイルものの作品がある。 生い立ち 1960年12月23日、東京都江東区深川のサラリーマン家庭に生まれる。母方の祖父は木場の川並職人、父親も職人的な仕事である。深川で母方では自分で4代目の下町に育ち、現在もそこで部屋を借り、仕事場にしている。小学校2年生で父親が買ってくれた『杜子春』を1日で読む。その後は移動図書館で借りて読み、『人形の家』ルーマー・ゴッデンや『ドリトル先生』シリーズを愛読した。

12345678910

12345678910