皆の本棚にある大澤 真幸の本

大澤真幸
大澤 真幸(おおさわ まさち、1958年10月15日 - )は、日本の社会学者。元京都大学教授。専攻は数理社会学、理論社会学。社会学博士(東京大学)。元妻は立教大学教授の吉澤夏子。 人物・略歴 長野県松本市生まれ。信州大学教育学部附属松本小学校、信州大学教育学部附属松本中学校、長野県松本深志高等学校、東京大学文学部社会学科卒業。1987年、東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。同年4月、東京大学文学部助手( - 1990年)。 1990年「行為の代数学」で東大社会学博士。その後、千葉大学文学部講師・助教授、1997年京都大学人間・環境学研究科助教授。2007年同研究科教授に昇格。2009年9月1日付で辞職した。予定されていた後期授業は開講されなかった。 著書 単著 『行為の代数学――スペンサー=ブラウンから社会システム論へ』(青土社、1988年/増補新版、1999年)博士論文 『身体の比較社会学(1・2)』(勁草書房、1990年) 『資本主義のパラドックス――楕円幻想』(新曜社、 1991年/ちくま学芸文庫、2008年) 『意味と他者性』(勁草書房、1994年) 『電子メディア論――身体のメディア的変容』(新曜社、1995年) 『虚構の時代の果て――オウムと世界最終戦争』(ちくま新書、1996年/増補版、ちくま学芸文庫 2009年) 『性愛と資本主義』(青土社、1996年) 『恋愛の不可能性について』(春秋社、1998年/ちくま学芸文庫、 2005年) 『戦後の思想空間』(ちくま新書、1998年) 『「不気味なもの」の政治学』(新書館、2000年) 『文明の内なる衝突――テロ後の世界を考える』(日本放送出版協会、2002年/増補版、河出文庫 2011年) 『帝国的ナショナリズム――日本とアメリカの変容』(青土社、2004年) 『現実の向こう』(春秋社、2005年) 『思想のケミストリー』(紀伊國屋書店、 2005年) 『美はなぜ乱調にあるのか――社会学的考察』(青土社、2005年) 『ナショナリズムの由来』(講談社、2007年) 『逆接の民主主義――格闘する思想』(角川oneテーマ21新書、2008年) 『不可能性の時代』(岩波新書 、2008年) 『〈自由〉の条件』(講談社、2008年) 『量子の社会哲学――革命は過去を救うと猫が言う』(講談社、2010年) 『生きるための自由論』(河出ブックス、2010年) 『現代宗教意識論』(弘文堂、2010年) 『「正義」を考える――生きづらさと向き合う社会学』(NHK出版新書、2011年) 『社会は絶えず夢を見ている』(朝日出版社、2011年) 『近代日本のナショナリズム』(講談社選書メチエ、2011年) 『〈世界史〉の哲学――古代篇』(講談社、2011年) 『〈世界史〉の哲学――中世篇』(講談社、2011年) 『夢よりも深い覚醒へ――3・11後の哲学』(岩波新書、2012年) 『近代日本思想の肖像』(講談社学術文庫、2012年) 『動物的/人間的――1.社会の起原』(弘文堂、2012年) 『生権力の思想――事件から読み解く現代社会の転換』(ちくま新書、2013年) 『〈未来〉との連帯は可能である。

12

12