皆の本棚にある多川 俊映の本

多川俊映
多川 俊映(夛川、たがわ しゅんえい、1947年3月6日 - )は、奈良県奈良市出身の日本の法相宗の僧侶で、大本山興福寺貫首・法相宗管長・龍谷大学客員教授。 1969年、立命館大学文学部哲学科心理学専攻卒業。 1989年より興福寺貫首を務める。中金堂再建など、伽藍の復興に精力的に取り組んでいる。 また、 法相宗の理論である唯識の研究や仏教文化論の研究を行い、執筆活動や講演活動なども行なっている。能や詩、音楽などにも関心が深い。 各界の著名人とも親交が深く、中でも免疫学者の多田富雄と親交が深く、脳梗塞の後遺症で言葉が不自由になった多田との電子メールによる会談が、朝日新聞にて「いのちと死と能と」と題され、公表された。 著書 『唯識十章』(春秋社、1989年)→『はじめての唯識』(2001年)→『唯識入門』(2013年) 『奈良興福寺 - あゆみ・おしえ・ほとけ』(小学館、1990年) 『観音仏教のこころ』(春秋社、1993年) 『観音経のこころ』(春秋社、1998年) 『貞慶「愚迷発心集」を読む - 心の闇を見つめる』(春秋社、2004年) 『いのちと仏教』(日本経済新聞社、2005年) 『心に響く99の言葉 - 東洋の風韻』(ダイヤモンド社、2008年/学研M文庫、2013年) 『旅の途中 - 人の世を「身の丈」で生きる』(日本経済新聞出版社、2010年) 『唯識こころの哲学 - 唯識三十頌を読む』(大法輪閣、2012年)→『唯識とはなにか』(角川ソフィア文庫、2015年) 『合掌のカタチ』(平凡社、2012年) 『心を豊かにする菜根譚33語』(祥伝社黄金文庫、2013年) 共著 『古寺巡礼 奈良11』(大原富枝と共著、淡交社、1979年) 『日本仏教基礎講座1 奈良仏教』(共著、雄山閣、1980年) 共監修 『興福寺のすべて - 歴史・教え・美術』(金子啓明との共監修、小学館、2004年) 論文 CiNii>多川俊映 INBUDS>多川俊映 外部リンク 興福寺。