皆の本棚にある堂場 瞬一の本

堂場瞬一
堂場 瞬一(どうば しゅんいち、1963年5月21日 - )は日本の小説家。茨城県出身。主に、スポーツ小説、警察小説の分野で活躍する。本名、山野辺一也。 青山学院大学国際政治経済学部卒業。 1986年に読売新聞東京本社に入社、社会部記者やパソコン雑誌編集者を務めるかたわら小説を執筆し、2000年に『8年』で第13回小説すばる新人賞を受賞。同作はスポーツ小説であったが、第2作『雪虫』が警察小説という全く方向性の違うテーマだったため、周囲を驚かせた(『雪虫』解説より)。 2012年末、読売新聞退社。2015年、『警察回りの夏』で第36回吉川英治文学新人賞候補。 2015年10月に上梓する『Killers』が100冊目の著書であることを記念し、90冊目となる2014年12月の『ルール』から、出版社を横断した「堂場瞬一の100冊・カウントダウンプロジェクト」がウェブ上で行われた。

12345678910

12345678910