皆の本棚にある坪内 祐三の本

坪内祐三
坪内 祐三(つぼうち ゆうぞう、1958年5月8日 - )は日本の評論家、エッセイスト。東京都出身。 父は坪内嘉雄(元日経連専務理事、フィクサー、ダイヤモンド社元社長)。母は坪内泰子。妻は佐久間文子(元朝日新聞社員)。前妻は神蔵美子(写真家)。父方の大叔父は織田正信(英文学者)。父方の祖先に手塚律蔵(別名瀬脇寿人、洋学者)。母方の曽祖父は井上通泰(国文学者・歌人・医師)、曾祖叔父は柳田國男(民俗学者)。 エッセイや、編集を担当した『明治の文学』などで、明治本ブームを起こした。多くの著作や『en-taxi』などから書物への耽溺で知られる。純文学、都市小説、エッセイなどへの造詣が深い。日本人作家では私小説作家を好むが、アメリカ作家ではポストモダン系の作家を好む。それらに関する著作では、趣味と実益を兼ねているかのような坪内の趣味を謳歌し、金銭に余裕のある現代のオタクや高等遊民のような側面を見せる。 論争 『RONZA』1996年7月号において、野口悠紀雄の『「超」勉強法』を激しく批判した。