皆の本棚にある和田 竜の本

和田竜
和田 竜(わだ りょう、1969年12月 - )は、日本の脚本家、小説家。大阪府生まれ、広島県広島市育ち。 オリジナル脚本『忍ぶの城』で第29回城戸賞を受賞し、同作の小説化作品『のぼうの城』が第139回直木賞候補。時代劇・時代小説を専門とする。 人物・来歴 大阪で生まれ、生後3ヶ月から広島県広島市安佐南区川内で育つ。広島市立川内小学校を経て広島市立城南中学校2年の時に東京に引越す。綾瀬はるかは小中学の後輩。東京都立富士高等学校、早稲田大学政治経済学部を卒業後、番組制作会社泉放送制作に就職。『愛していると言ってくれ』、『理想の結婚』など様々なドラマのADを経験したが、現場のスピード感に馴染めず3年で退職。繊維・ファッション業界専門の新聞社に転職。 「竜」という名前は、坂本竜馬が好きだった母が付けた。歴史に興味を持ったのは大学時代、「自分の名前の元ネタの人の小説でも読むか」と司馬遼太郎の『竜馬がゆく』を手にしたのが切っ掛け。  当初は脚本家を志し、2003年(平成15年)12月、業界紙記者のかたわら執筆したオリジナル脚本『忍ぶの城』で第29回城戸賞を受賞する。

12345678910

12345678910