皆の本棚にある名越康文の本

名越康文
名越 康文(なこし やすふみ、1960年6月21日 - )は、日本の精神科医、評論家。専門は思春期精神医学、精神療法。相愛大学客員教授。妻は金子奈緒。 奈良県生まれ。大阪星光学院中学校・高等学校を経て、近畿大学医学部卒。 大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて精神科緊急救急病棟の設立、責任者を経て、1999年に同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ番組のコメンテーター、雑誌連載、映画評論、漫画分析などさまざまなメディアで活動している。 2009年4月より、京都精華大学人文学部特任教授に就任。※現在は客員教授 大学時代はミュージシャンになりたいと思い、ジャズスクールでボーカルを習った。またバグワン・シュリ・ラジニーシに傾倒し、彼の弟子が着るとされる赤い服を模した服装でキャンパスを歩くこともあった。 著書 スプリット・存在をめぐるまなざし歌手と武術家と精神科医の出会い(1998年、新曜社)※カルメンマキ、甲野善紀との共著 キャラッ8(パチ)(2004年、幻冬舎)※おちまさとプロデュース 危ない恋愛(2005年、光文社) 名越式!キャラわかり(2005年、宝島社) 14歳の子を持つ親たちへ(2005年、新潮社)※内田樹との共著 周りにあわせすぎる人たち(2005年、IBCパブリッシング)※ロブ@大月との共著 ハッピー8(エイト)性格診断×ドラマ(2006年、朝日新聞社)※森綾との共著 女はギャップ(2006年、扶桑社) なんで子どもを殺すの?(2007年、講談社)※猪熊弘子との共著 未知の力を開く!(2008年、ゴマブックス)※桜井章一との共著 ラブ・スマート(2008年、三笠書房)※解説・訳を担当 薄氷の踏み方(2008年、PHP研究所)※甲野善紀との共著 オジサンって言うな!(2009年、主婦と生活社) なぜ私たちは「助けて」を言えないの?(2009年、メディアファクトリー)※解説を担当 心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」(2010年、角川SSC新書) 現代人の祈り - 呪いと祝い(2010年、サンガ)※内田樹、釈徹宗との共著 幸せを見つける性格診断 - トリココ(2010年リイド社) 原発と祈り 価値観再生道場 (2011年メディアファクトリー)※内田樹、橋口いくよとの共著 毎日トクしている人の秘密(2012年PHP研究所) 辺境ラジオ (2012年140B)※内田樹、西靖との共著 自分を支える心の技法 対人関係を変える9つのレッスン (2012年医学書院) 心がスーッと晴れ渡る「感覚の心理学」 (2012年角川SSC新書) 本当の大人の作法 価値観再生道場 (2013年メディアファクトリー)※内田樹、橋口いくよとの共著 驚く力 さえない毎日から抜け出す64のヒント (2013年夜間飛行) 40歳からの人生を変える心の荷物を手放す技術 (2013年牧野出版)※藤井誠二との共著 質問です。