皆の本棚にある古森義久の本

古森義久
古森 義久(こもり よしひさ、1941年3月11日 - )は、日本のジャーナリスト。麗澤大学特別教授。産経新聞ワシントン駐在編集特別委員兼論説委員。国際問題評論家。国際教養大学客員教授。ジョージタウン大学「ワシントン柔道クラブ」で指導経験がある柔道家。 1941年(昭和16年) 東京府(現:東京都)に生まれる。1963年(昭和38年) 慶應義塾大学経済学部卒業後、ワシントン大学ジャーナリズム学科留学、毎日新聞社入社。毎日新聞記者として静岡支局、東京本社社会部、外信部を経る。 1972年(昭和47年) 南ベトナム、サイゴン特派員 1975年(昭和50年) サイゴン支局長 1976年(昭和51年) ベトナム戦争終結時のサイゴン陥落報道により、ボーン国際記者賞受賞 同年、ワシントン特派員 1978年(昭和53年) 著書「ベトナム報道1300日」により、講談社出版文化賞ノンフィクション賞受賞 1981年(昭和56年) 米国カーネギー財団国際平和研究所上級研究員 1982年(昭和57年) 「ライシャワー核持ち込み発言報道」により日本新聞協会賞受賞 1983年(昭和58年) 毎日新聞東京本社政治部編集委員 1987年(昭和62年) 外信部副部長 同年産経新聞に移籍、ロンドン支局長 1989年(平成元年) ワシントン支局長 1990年(平成2年) 米国ウッドロー・ウィルソン・フェロー(~1998年) 1993年(平成5年) 「ロンドン・ワシントンからの6年間にわたる国際報道」により、日本記者クラブ賞受賞 1994年(平成6年) ワシントン駐在編集特別委員兼論説委員 1995年(平成7年) 『大学病院で母はなぜ死んだか』(中央公論連載)により、第1回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞作品賞受賞 1998年(平成10年) 9月より中国総局長(31年ぶりに産経新聞北京支局再開) 2001年(平成13年) ワシントン駐在編集特別委員・論説委員(現職) 2005年(平成17年) 杏林大学客員教授 2011年(平成23年) 国際教養大学客員教授(兼任 現職) 2013年 (平成25年) 産経新聞ワシントン駐在客員特派員 2015年 (平成27年) 麗澤大学特別教授を兼務 サイゴン特派員時代(毎日新聞時代) ベトナム戦争最中の1972年、当時の南ベトナム・サイゴンに特派員として赴任し、サイゴン陥落後の1975年9月まで駐在した(日本人新聞記者では最長のベトナム滞在記録)。