皆の本棚にある北原 亞以子の本

北原亞以子
北原 亞以子(きたはら あいこ・本名:高野美枝、1938年1月20日 - 2013年3月12日)は、日本の小説家。 東京・新橋の家具職人の家に生まれる。千葉県立千葉第二高等学校卒業。高校のころから小説家を希望し、石油会社OLをしながら書き続ける。 28歳の時に同人誌「文藝首都」の同人への推薦人のつてが無く購読と批評提出のできる会員となり、処女作を提出するが酷評されショックを受けて会員をやめる。1968年、同人誌「文学地帯」の同人となる。翌1969年、同誌に発表した『ママは知らなかったのよ』で第1回新潮新人賞を受賞。同年、『粉雪舞う』が司馬遼太郎に賞され、第12回小説現代新人賞佳作を受賞。 以後は、勤務先を変えつつ、年1、2回「小説現代」や「小説新潮」に短篇を発表するが、書いても書いても多くはボツになり、まったく評価されないどん底を味わう。 しかし、写真スタジオに事務員として勤務していた40才のとき誘われ、もう一つの憧れだったコピーライターとして広告制作会社に入社して、生活が安定してから、時代小説に本格的に分野を移し、作家として再デビューして、1988年単行本『小説春日局』、『歳三からの伝言』を初めて出版する。

123

123