皆の本棚にある加藤 隆の本

加藤隆義
加藤 隆義(かとう たかよし、明治16年(1883年)3月20日 - 昭和30年(1955年)2月10日)は、大正から昭和期の日本の海軍軍人、華族。最終階級は海軍大将。子爵。広島県出身で旧姓は船越。同郷の加藤友三郎元帥から養子に迎えられ、以後加藤姓を名乗る。 実父は船越昌隆、兄・船越衛は広島藩から新政府に仕官し、陸軍省・内務省で働き、のちに男爵、枢密顧問官。また甥光之丞も外務省で働いた外交官である。官僚ぞろいの船越家にあって、隆義は海軍へ入り、主に軍令関係の要職を歴任した。 東京府立一中を経て、1900年(明治33年)12月、海軍兵学校入校。1903年(明治36年)、兵学校31期を5番の成績で卒業。同期に及川古志郎大将・長谷川清大将がいる。 日露戦争に「富士」乗組員として従軍し、戦後は「三笠」・駆逐艦「春雨」と勤務し、「香取」回航委員としてイギリスへ渡った。運送艦「松江」航海長を務めて航海術を身につけた。 1909年(明治42年)12月1日より海軍大学校(以下「海大」)乙種学生となり、次いで海大専修学生として、専門的な航海術を学ぶ。