皆の本棚にある加藤 陽子の本

加藤陽子
加藤 陽子(かとう ようこ、1960年10月 - )は日本の歴史学者。東京大学教授。専門は、日本近代史。博士(文学)。戸籍名は野島陽子だが、論文等では旧姓の加藤に統一している。埼玉県大宮市出身。 『文藝春秋』をはじめとする逐次刊行物への寄稿も多い。新しいものはウェブサイトで公開している。 1979年 桜蔭高等学校卒業 1983年 東京大学文学部卒業(第二類 国史学専修) 1989年 東京大学大学院人文科学研究科国史学専門課程博士課程単位取得満期退学、山梨大学教育学部専任講師 1991年 山梨大学教育学部助教授 1994年 東京大学文学部助教授 1995年 東京大学大学院人文社会系研究科助教授 1997年 「徴兵制と近代日本」で東大博士(文学) 2007年 東京大学大学院人文社会系研究科准教授 2009年 同教授 2010年 『それでも日本人は「戦争」を選んだ』で小林秀雄賞受賞  2010年 内閣府公文書管理委員会委員 関係者・主張 大学院では、伊藤隆の指導を受ける。

12

12