皆の本棚にある加治 将一の本

加治将一
加治 将一(かじ まさかず、1948年9月11日 - )は、日本の北海道札幌市出身の作家、自己啓発セラピストである。 1978年渡米。以後15年間ロサンゼルスで不動産関係の仕事に従事。1993年に帰国後、ビジネスの傍ら、海外での体験をもとにした執筆活動を行っている。 都内のホテルで自己啓発セラピストを勤め、2008年にはカウンセリング小説「アルトリ岬」を出版した。 著書 ビジネス書 読まずに建てるな(1997年、文藝春秋) いい家が買える人 ダメな家をつかむ人(1999年、ぶんか社) プロが教える買ってはいけないマンション(2000年、アスキー・メディアワークス / 改訂版:2002年、アスコム) お金を捨てる家生みだす家(2002年、幻冬舎) 借りた金は返すな!(2002年、アスコム) 借りた金は忘れろ!(2003年、幻冬舎) プロが教える買ってはいけない住宅(2003年、アスコム) マンガでわかる借金が消える「魔法のノート」(2003年、宝島社) あと1億円生涯収入を増やす本(2004年、小学館) 性善説は死を招く(2005年、講談社) 大僧正とセラピストが人間の大難問に挑む(2010年、ビジネス社) カネはアンティーク・コインにぶちこめ!(2012年、東洋経済新報社) カネはやっぱり、アンティーク・コインにぶちこめ!(2014年、東洋経済新報社) 2015 [最新版] カネはアンティーク・コインにぶちこめ!(2015年、祥伝社) 小説 ビバリーヒルズで夕食を(1996年、新潮社) キャッシュを沈めろ!(1997年、新潮社) 夜は罠をしかける(1998年、新潮社) 妻を殺したのは私かもしれない(1999年、新潮社) チャイナブルー(2000年、光文社) L.A.血の聖壇(2001年、光文社) 借金狩り(2005年、新潮社) あやつられた龍馬―明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン(2006年、祥伝社) 『龍馬の黒幕』に改題(2009年、祥伝社文庫) 幕末 維新の暗号―群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか(2007年、祥伝社。

1234

1234