皆の本棚にある初野 晴の本

初野晴
初野 晴(はつの せい、1973年 - )は、日本の小説家、推理作家。静岡県清水市(現・静岡市清水区)出身。法政大学工学部卒業。男性。兼業作家で営業職をしている。作風は「ちょっと不思議系」。 2002年、『水の時計』で第22回横溝正史ミステリ大賞を受賞しデビュー。 中学時代に横溝正史作品を読破。高校時代は柔道部に所属。得意技は内股だった。好きな柔道家は吉田秀彦。大学時代、後に推理作家となる村崎友に本格ミステリを薦められたことをきっかけに創作を始める。好きな作家は稲見一良、ジェフリー・アーチャー。 文学賞受賞・候補歴 2001年 - 『しびとのうた』で第21回横溝正史ミステリ大賞最終候補。 2002年 - 『水の時計』で第22回横溝正史ミステリ大賞受賞。 2008年 - 「退出ゲーム」で第61回日本推理作家協会賞(短編部門)候補。 2013年 - 『千年ジュリエット』で第66回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)候補。 ミステリ・ランキング このミステリーがすごい! 2009年 - 『退出ゲーム』20位 本格ミステリーベスト10 2011年 - 『空想オルガン』20位 2013年 - 『カマラとアマラの丘』10位 ミステリが読みたい! 2011年 - 『空想オルガン』20位 作品 〈ハルチカ〉シリーズ 退出ゲーム(2008年10月 角川書店 / 2010年7月 角川文庫) 収録作品:結晶泥棒 / クロスキューブ / 退出ゲーム / エレファンツ・ブレス 初恋ソムリエ(2009年10月 角川書店 / 2011年7月 角川文庫) 収録作品:スプリングラフィ / 周波数は77.4MHz / アスモデウスの視線 / 初恋ソムリエ 空想オルガン(2010年9月 角川書店 / 2012年7月 角川文庫) 収録作品:ジャバウォックの鑑札 / ヴァナキュラー・モダニズム / 十の秘密 / 空想オルガン 千年ジュリエット(2012年3月 角川書店 / 2013年11月 角川文庫) 収録作品:エデンの谷 / 失踪ヘビーロッカー / 決闘戯曲 / 千年ジュリエット 惑星カロン(2015年9月 KADOKAWA) 収録作品:チェリーニの祝宴 -呪いの正体- / ヴァルプルギスの夜 -音楽暗号- / 理由(わけ)ありの旧校舎 -学園密室?- / 惑星カロン -人物消失- その他の作品 水の時計(2002年5月 角川書店 / 2005年8月 角川文庫) - 第22回横溝正史ミステリ大賞受賞作品 漆黒の王子(2004年11月 角川書店 / 2009年9月 角川文庫) 1/2の騎士 〜harujion〜(2008年10月 講談社ノベルス) 【改題】1/2の騎士(2010年1月 講談社文庫) トワイライト・ミュージアム(2009年5月 講談社ノベルス) 【改題】トワイライト博物館(2013年12月 講談社文庫) ノーマジーン(2011年10月 ポプラ社) 【改題】わたしのノーマジーン(2013年6月 ポプラ文庫) カマラとアマラの丘(2012年9月 講談社) 【改題】向こう側の遊園(2014年6月 講談社文庫) 収録作品:カマラとアマラの丘 / ブクウスとツォノクワの丘 / シレネッタの丘 / ヴァルキューリの丘 / 星々の審判 ノベライズ PCP-完全犯罪党- 孤島の子供たち(原作:亜城木夢叶 2015年10月 JUMP j BOOKS) 『バクマン。

1234567

1234567