皆の本棚にある内田 良の本

内田良平 (俳優)
内田 良平(うちだ りょうへい、1924年2月5日 - 1984年6月15日)は、日本の俳優。千葉県銚子市出身。 来歴・人物 法政大学経済学部在学中の1950年に新協劇団に入り、演劇を始める。1951年に杉浦直樹・小松方正らと劇団「新演劇研究所」を結成して活動するが、程なく解散した。東映での映画出演を経て、1953年に友人から小林正樹を紹介され、その伝手で松竹映画にも出演。日活の『機動捜査班』シリーズに出演した後、1963年に東映の『ギャング同盟』で初主演する。 1965年、愛人に「へそ下」を切られるスキャンダルが起きる。「34歳、独身」という触れ込みだったが、東京、京都に別々の内妻がいる「41歳」だったことが報道で明らかになってしまう。 彫りの深い日本人離れしたマスクからギャング役などの悪役を中心に数多く映画とテレビドラマで助演を果し、映画『やくざ刑事シリーズ』、『青春の殺人者』、『ザ・スパイダースのバリ島珍道中』等の話題作でコミカルなものからアクション、世相実録ものでシニカルなものまで幅広い演技で出演した。