皆の本棚にある伊藤 清の本

伊藤清
伊藤 清(いとう きよし、1915年9月7日 - 2008年11月10日)は、日本の数学者。確率論における伊藤の補題(伊藤の定理)の考案者として知られる。第一回ガウス賞受賞者。 三重県員弁郡(現・いなべ市)出身。従三位勲二等、理学博士。数学者の伊藤清三とは兄弟。 学歴 1938年:東京帝国大学理学部数学科卒業 1945年:理学博士(東京帝国大学、学位請求論文『確率過程について』) 職歴 1938年:大蔵省入省、銀行局 1939年:内閣統計局配転 1943年:内閣統計局退官 同年:名古屋帝国大学助教授 1952年:同退官 同年:京都大学教授 1954年 - 1956年:米国プリンストン高等研究所研究員 1961年 - 1964年:米国スタンフォード大学教授 1966年 - 1969年:デンマーク国オーフス大学教授 1969年 - 1975年:米国コーネル大学教授 1976年 - 1979年:京都大学数理解析研究所所長 1979年:京都大学退官。