皆の本棚にある今森 光彦の本

今森光彦
今森光彦(いまもり みつひこ、1954年8月6日 - )は滋賀県大津市出身の写真家。日本写真家協会、自然科学写真協会会員。 プロフィール 地元滋賀県の里山などで活動し、そこに住む昆虫や琵琶湖に関する写真を主とする。北部は日本海側気候、南部は瀬戸内海式気候とであることから、自然と季節との関わりを的確に捉えた作品も多い。1974年のカリマンタン島以来海外にも数多く足を運んでいる。 近畿大学理工学部土木工学科卒業。大学を出てから昆虫写真専門の写真家を志し、コマーシャルフォトスタジオに2年間勤務して写真技術を学ぶ。1980年にプロ写真家として自立。1984年に大津市中心部から20km程北の棚田や自然が残る仰木地区に活動場所を移す。1988年に1976年から琵琶湖周辺で撮影してきた写真1700点を収めた写真集『昆虫記』を発表。この著作は身近な里山に目を向けた点が国内外通じて高く評価され、姉妹版『世界昆虫記』も出版され、またフランス語・ドイツ語にも翻訳された。