皆の本棚にある井村 君江の本

井村君江
井村君江(いむら きみえ、1932年3月1日 - )は、日本の英文学者・比較文学者。ケルト・ファンタジー文学研究家。フェアリー協会会長。イギリス・フォークロア学会終身会員。明星大学名誉教授。妖精美術館(福島県大沼郡金山町)館長。うつのみや妖精ミュージアム名誉館長。 2003年に生まれ故郷の宇都宮市にケルト・妖精関係資料(文豪の自筆原稿や貴重な美術品を含む)を寄贈した。寄贈された資料を展示するため、2007年7月31日、世界的にも珍しい妖精をテーマにした美術館うつのみや妖精ミュージアムがオープン。名誉館長に任命される。 来歴・人物 栃木県宇都宮市の旧家に生まれる。出産とともに、母は実家へ帰ったため実母に会ったことがない。(以下『妖精の輪の中で』)本名は君江・井村・ローラー。夫は禅僧・南画家であった井村常山の孫で美学者井村陽一(若くして病没)、二番目の夫は中世英文学の権威でオックスフォードの教授であったジョン・ローラー。 青山学院大学英文科卒。青山では日夏耿之介、院長の豊田実に師事。同大学院修士課程を修了後、同大学助手を2年務めた後、1960年東京大学大学院比較文学比較文化専攻修士課程に入学、島田謹二らに師事する。