皆の本棚にある井川 意高の本

井川意高
井川 意高(いかわ もとたか、1964年(昭和39年)7月28日 - )は、日本の実業家。大王製紙の前会長。大王製紙創業家3代目で、同社創業者・井川伊勢吉の孫。 生い立ち 愛媛県伊予三島市(現四国中央市)を拠点とする製紙会社、大王製紙の創業家2代目、井川高雄の長男として生まれた。2歳年下には、後に大王製紙取締役となる弟、井川高博がいる。 小学校卒業までを大王製紙・四国本社のある愛媛県で育ち、その後は家族と共に東京に引っ越した。その後、筑波大学附属駒場中学校・高等学校を経て、東京大学法学部卒業。 大王製紙 大学を卒業した翌月である1988年(昭和63年)4月、大王製紙に入社。 三島工場次長、常務取締役、専務取締役などを経て、1998年(平成10年)6月に代表取締役副社長となった。2006年(平成18年)4月からは、子会社であった名古屋パルプの社長を約1年間務める。オーナー企業の創業家出身に加え、取引先との関係改善やブランド戦略などによって、大王製紙の家庭紙事業を黒字転換させたその経営手腕が評価され2007年(平成19年)4月、42歳で大王製紙の第6代社長に就任した。