皆の本棚にある五十嵐 貴久の本

五十嵐貴久
五十嵐 貴久(いがらし たかひさ、1961年12月14日 - )は、日本の小説家・推理作家。東京都出身。成蹊大学文学部卒業。 大学卒業後、1985年に扶桑社に入社。最初の一年は販売部にいたが、二年目から編集部で働く。そのときの編集長が後に小説家になる吉村達也である。1997年、ふたたび販売部に異動になったことをきっかけに小説を書き始める。2001年春、初めて書いた長編小説『TVJ』で第18回サントリーミステリー大賞の優秀作品賞に選ばれる(大賞は笹本稜平『時の渚』)。同年秋、『リカ』(応募時のタイトルは「黒髪の沼」)で第2回ホラーサスペンス大賞の大賞を受賞し、翌2002年に小説家デビューする。同作は30万部を突破するベストセラーになった。2004年、『Fake』が「このミステリーがすごい!」2005年版で16位にランクインした。 作風 初めて書いた小説『TVJ』は、映画『ダイ・ハード』を下敷きにしたと語っている。また、「映画の世界からの影響を強く受け」ていて、「映画に触発された部分がない作品は珍しい」とも語っているホラーサスペンス大賞を受賞した『リカ』でデビューしたが「ホラーを書きたいと考えていたわけではありません」と語っており、ホラー小説のオファーはすべて断ったという。

12345678910

12345678910