皆の本棚にある乙一の本

乙一
乙一(おついち、男性、1978年10月21日 - )は、日本の小説家。本名は安達 寛高(あだち ひろたか)。日本推理作家協会会員、本格ミステリ作家クラブ会員。山白朝子(やましろ あさこ)や中田永一(なかた えいいち)の別名義でも活動を行っている。 福岡県出身。1996年、『夏と花火と私の死体』で第6回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞(集英社)を受賞し、17歳(執筆時は16歳)でデビュー。選考では、栗本薫が強く推したという。以後学業の傍ら、『ザ・スニーカー』などのライトノベル誌に作品を発表。 久留米工業高等専門学校材料工学科から編入学で、豊橋技術科学大学工学部エコロジー工学課程卒業。大学時代は愛知県豊橋市に居住。大学ではSF研究会所属。卒業後は1年程で東京に転居。 2002年に出版された『GOTH リストカット事件』で、第3回本格ミステリ大賞を受賞し、ライトノベルから抜け出した人気を誇った。 2004年には『手を握る泥棒の物語』がTEPCOひかり(東京電力)の光ファイバーインターネットサービスのコンテンツとして映画化されたほか、2005年春に『ZOO』収録作のうちの5作品が映画化され全国の劇場で公開され、2006年秋には『暗いところで待ち合わせ』が、2007年夏には『きみにしか聞こえない』が劇場公開された。

12345678910

12345678910