皆の本棚にある久坂部 羊の本

久坂部羊
久坂部 羊(くさかべ よう、1955年7月3日 - )は、日本の小説家、推理作家、医師。本名・久家義之。血液型AB型。 大阪府生まれ。大阪府立三国丘高校(26期)、大阪大学医学部卒業。大阪大学医学部附属病院にて外科および麻酔科を研修。その後大阪府立成人病センターで麻酔科、神戸掖済会病院で一般外科に勤務。サウジアラビア、オーストリア、パプアニューギニアの在外公館で医務官として勤務し、帰国後は在宅医療に従事。同人誌『VIKING』での活動を経て、2003年に『廃用身』で作家デビュー。 第2作『破裂』は、単行本の帯に「医者は、三人殺して初めて、一人前になる」と衝撃的な文句がつけられ、現代版『白い巨塔』とも評される。 2014年、『悪医』で第3回日本医療小説大賞を受賞。2015年、『移植屋さん』で「第8回上方落語台本募集」(上方落語協会)優秀賞を受賞。 2015年現在は健診センターで非常勤医師として働き、大阪人間科学大学で講師を務めている。 既婚者で、息子が1人と娘が2人いる。また、父親も医師である。 医療崩壊に関連して「医師に労基法はそぐわない」「医師の勤務が労基法に違反している云々などは、現場の医師にとっては寝言に等しい」「医師に労基法を適用して、臨床研修制度が大きな矛盾を抱えたことは記憶に新しい。

123456

123456