皆の本棚にある中村 雄二郎の本

中村雄二郎
中村 雄二郎(なかむら ゆうじろう、1925年10月13日 - )は、日本の哲学者。明治大学名誉教授。  来歴・人物 東京都出身。第二東京市立中学、成城高等学校を経て、東京大学文学部卒業後、文化放送に入社。その後、明治大学法学部教授を長く務めた。西洋哲学をはじめ日本文化・言語・科学・芸術などに目を向けた現代思想に関する著書が多数あり、主要著作は『中村雄二郎著作集』(岩波書店、第1期全10巻・第2期全10巻)に収められている。山口昌男と共に1970年代始めから雑誌『現代思想』などで活躍、1984年から1994年まで「へるめす」(岩波書店)で磯崎新、大江健三郎、大岡信、武満徹、山口昌男とともに編集同人として活躍し、『かたちのオディッセイ』や『悪の哲学ノート』に結実。「講座・生命」vol.6以降、その動静が伝わってこない状況にあったが、岩波書店で編集者として長年中村雄二郎に伴走してきた大塚信一が『哲学者・中村雄二郎の仕事 の生き方と冒険』(トランスビュー)を執筆の際に東京にある中村宅を訪問。