皆の本棚にある上橋 菜穂子の本

上橋菜穂子
上橋 菜穂子(うえはし なほこ、1962年7月15日 - )は、東京都生まれの児童文学作家、ファンタジー作家、SF作家、文化人類学者。日本児童文学者協会会員。父は洋画家の上橋薫。 香蘭女学校中学校・高等学校を経て、立教大学文学部史学科卒業、同大学院博士課程(後期課程)単位取得退学。後に博士(文学)(立教大学、2007年)。女子栄養大学助手、武蔵野女子短期大学(→武蔵野女子大学短期大学部を経て現・武蔵野大学)非常勤講師、川村学園女子大学講師を経て、同大学児童教育学科教授、2012年10月には、特任教授として教育学部児童教育学科で児童文学を担当している。 幼児から父方の祖母から、多くの民話を聞いて成長する。また両親は多くの本を読んでくれ、母からは『モモちゃんとプー』、『もじゃもじゃペーター』そして父からは『西遊記』、『水滸伝』。初めて自分で選んだ本は『王様の剣』だった。多くの物語を読むとともに幼い時から物語を作ることを目指していた。母方の祖母の家が野尻湖にあったが、小学校5、6年で、1962年野尻湖の化石の第1次発掘でのナウマンゾウとヤベオオツノジカの化石発見について、自由研究で調査文章を書く。

12345678910

12345678910