皆の本棚にある万城目 学の本

万城目学
万城目 学(まきめ まなぶ、本名同じ、1976年2月27日 - )は日本の小説家。大阪府出身、東京都在住。京都大学法学部卒。『鴨川ホルモー』『プリンセス・トヨトミ』などの、実在の事物や日常の中に奇想天外な非日常性を持ち込むファンタジー小説で知られ、作風は「万城目ワールド」と呼ばれる。 略歴・人物 清風南海高等学校卒業後、1浪ののち京都大学法学部に入学。お笑い芸人のロザン・宇治原史規は大学の同級生にあたり、万城目は一方的に宇治原のことを知っていたそうである。また面識は無いものの法学部の1学年上に作家の平野啓一郎がいた。 卒業後は化学繊維会社へ就職、静岡の工場に配属され経理マンをしながら小説を書いていたが、26歳の時東京本社への転勤を言い渡され、残業続きで書く時間がなくなることを危惧し、辞令が出る前に退社し東京へ移る。このころの出来事を後のバベル九朔に活かす。2年で芽が出なければ社会復帰を決め投稿生活を送るも成果が出ず、資格の学校に通い再就職の準備をし始めた矢先、第4回ボイルドエッグズ新人賞を受賞し2006年『鴨川ホルモー』でデビュー。

12345678910

12345678910