皆の本棚にあるヨーゼフ・シュンペーターの本

ヨーゼフ・シュンペーター
ヨーゼフ・アロイス・シュンペーター(Joseph Alois Schumpeter、1883年2月8日 - 1950年1月8日)は、オーストリア・ハンガリー帝国(後のチェコ)モラヴィア生まれの経済学者である。企業者の行う不断のイノベーション(革新)が経済を変動させるという理論を構築した。また、経済成長の創案者でもある。 生涯 モラヴィアのトリーシュ(現・チェコ東部トジェシュチ)にドイツ系の家庭に生まれた。1901年にウィーンにあるウィーン大学法学部に進学し、1906年同大学にて博士号(法学)を取得。1908年『理論経済学の本質と主要内容』発表。 1909年にツェルノヴィッツ大学准教授、次いで1911年にグラーツ大学教授に就任。1912年『経済発展の理論』発表。1913年、アメリカ合衆国のコロンビア大学から客員教授として招聘され名誉博士号を受けた。 1919年、オーストリア共和国の大蔵大臣に就任したが同年に辞職。1921年にはビーダーマン銀行の頭取に就任したが、1924年に同銀行が経営危機に陥ったため、頭取を解任され、巨額の借金を負った。