皆の本棚にあるマイケル・サンデルの本

マイケル・サンデル
マイケル・サンデル(英: Michael J. Sandel、1953年3月5日 - )は、アメリカ合衆国の哲学者、政治哲学者、倫理学者。ハーバード大学教授。コミュニタリアニズム(共同体主義)の代表的論者であり、その論述の特徴は共通善を強調する点にある。また共和主義者を名乗ることも増えている。 1953年(0歳)、アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリスに生まる。1975年(22歳)、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ウォルサム市にあるブランダイス大学卒業後、ローズ奨学生として、英国オックスフォード大学ベリオール・カレッジにおいて、学ぶ。 1981年(28歳)、オックスフォード大学から、[Ph.D.]](博士号)の学位を授与される。オックスフォード大学での指導教授は、チャールズ・テイラー、ロナルド・ドウォーキン、アラン・モンテフィオーレ。1980年(27歳)、ハーヴァード大学政治哲学の教鞭を取った。日本生まれのアメリカの社会学者キク・アダット(Kiku Adatto; 日本名だが、日系でも黄色人種でもない)と結婚し2男をもうける。

12345678910

12345678910