皆の本棚にあるビル・エモットの本

ビル・エモット
ビル・エモット(Bill Emmott、1956年8月6日 - )はイギリスのジャーナリスト。イギリスロンドン出身。オックスフォード大学モードリン・カレッジ卒。
1980年エコノミストに入社。ベルギーのブリュッセル、ロンドンで記者を務めた後、1983年から3年間東京支局長(日本・韓国担当)。1993年に同誌編集長。2006年3月まで13年間務めた後は編集者を引退し、国際ジャーナリストとして活躍中。
1990年の著書『日はまた沈む』は、日本のバブル崩壊を予測し、ベストセラーとなった。また2006年の『日はまた昇る』では、日本経済の復活を予測した。
木村正人・産経新聞ロンドン支局長に「愛国主義の紙なら母国に誇りを持て」と物申している。
「日はまた沈む ジャパン・パワーの限界」(鈴木主税/訳、草思社、1990年3月)