皆の本棚にあるハーマン・メルヴィルの本

ハーマン・メルヴィル
ハーマン・メルヴィル(Herman Melville、1819年8月1日 - 1891年9月28日)は、アメリカの作家、小説家。ニューヨーク出身。代表作は『白鯨』など。 ニューヨークの裕福な輸入商の三男として生まれる。11歳の頃家の経済状態が悪くなり母の実家オルバニーに移り住み、2年後父が多額の借金を残し死亡する。ハーマンは学校を中退しニューヨーク州立銀行で働く。16歳で教員の資格を取ったのち小学校の教員を務め、また測量土木の技師を志すが、家計が逼迫し、債権者の目を逃れるためランシンバークに夜逃げする。ここでも生活が成り立たなくなり、止む無く1839年に兄の紹介で船員となる。 1840年、捕鯨船アクシュネット号の乗組員となり、翌年太平洋へ航海、きびしい環境に嫌気が差し1842年7月9日、マルケサス諸島のヌク・ヒバ島で仲間と脱走、先住民タイピー族に出会う。8月にオーストラリアの捕鯨船ルーシー・アン号に救われるが、タヒチ島で乗組員の暴動に巻き込まれイギリス領事館に逮捕される。