皆の本棚にあるハースト婦人画報社の本

ハースト婦人画報社
ハースト婦人画報社(ハーストふじんがほうしゃ、Hearst Fujingaho)は、米国のメディア・コングロマリットであるハースト・コーポレーションの日本子会社にあたる日本の出版社。『婦人画報』を初めとする女性誌、ファッション雑誌の刊行で知られる。 1905年創業の婦人画報社をルーツとし、1999年以降アシェット婦人画報社としてアシェット・フィリパッキ・メディアの親会社ラガルデールSCAの傘下にあったが、ラガルデールがフランス国外雑誌事業をハースト・コーポレーションに売却したことにより、2011年7月1日商号が変更された。なお、ハースト・コーポレーションにとっては初の直轄日本法人である。 沿革 創業初期 1905年 - 近事画報社として月刊誌『婦人画報』創刊。国木田独歩が編集長を務めた。この頃は「画報(グラビア)」と「読物」の二部構成。 1906年 - 独歩社に改称。国木田独歩の死後、東京社が継承し、のち婦人画報社となった。 1950-60年代 1955年 - 『婦人画報増刊 男の服飾』(のちの『MEN'S CLUB』)創刊。

12

12