皆の本棚にあるダイアナ・ウィン・ジョーンズの本

ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ(Diana Wynne Jones、1934年8月16日 - 2011年3月26日)は、イギリスのファンタジー作家。魔法をテーマとした子ども向けのファンタジー小説を得意とした。 1934年、ロンドンで寄宿学校を経営していた両親の間に生まれる。幼少期から古典文学に親しんでおり、英雄のほとんどが男性で、女性がいつも受身であることに歯がゆさを覚えたという。オックスフォード大学では、J・R・R・トールキンやC・S・ルイスに師事した。 大学卒業と同時に結婚、3児の母となる。子育て中にファンタジーを書き始め、独創的なファンタジーを数多く発表。2004年、宮崎駿監督によって『魔法使いハウルと火の悪魔』がスタジオジブリ作品『ハウルの動く城』として映画化され、日本でも人気のある作家となった。ちなみに本人もかなりのジブリファンであった。 2009年夏に肺癌と診断されて闘病生活を続けていたが、2011年3月26日、死去。76歳没。 作品リスト ハウルの動く城 ハウルの動く城1 魔法使いハウルと火の悪魔(原題: Howl's Moving Castle)、1986年 :2006年フェニックス賞受賞 ハウルの動く城2 アブダラと空飛ぶ絨毯(原題: Castle in the Air)、1990年 ハウルの動く城3 チャーメインと魔法の家(原題: House of Many Ways)、2008年 大魔法使いクレストマンシー これは同一の主人公の登場するものではなく、「大魔法使いクレストマンシー」とは役職名であり、いくつも存在する平行世界の各々で発生する魔法に関連した事件を解決するのが主な仕事である。

12

12