皆の本棚にあるエリック・シュミットの本

エリック・シュミット
エリック・エマーソン・シュミット(Eric Emerson Schmidt, 1955年4月27日 - )はアメリカ合衆国の技術者で、Google 社の元CEO。カーネギーメロン大学、プリンストン大学の理事も務めている。字句解析器生成プログラム lex の共同開発者でもある。ドイツ系アメリカ人。 ワシントンD.C.生まれ。1976年にプリンストン大学で電気工学の理学士号を、1979年と1982年にカリフォルニア大学バークレー校で電気工学の修士号と計算機科学の博士号をそれぞれ取得した。 パロアルト研究所コンピュータサイエンス研究所や米ベル研究所、米ザイログ社を経て1983年にソフトウェアマネージャーとして米サン・マイクロシステムズ社に入社。Java の開発とインターネット戦略の立案を導き、後に最高技術責任者と執行役員を歴任した。 1997年からノベル社の最高経営責任者を務め、重要な経営戦略や技術開発の中心的な役割を果たした。2001年3月にGoogleの会長に就任。同年7月にノベル社の最高経営責任者を辞職し、同年8月米 Google 社の最高経営責任者に着任。