皆の本棚にあるアルベルト・モラヴィアの本

アルベルト・モラヴィア
アルベルト・モラヴィア(Alberto Moravia, 1907年11月28日 - 1990年9月26日)はイタリアの小説家、評論家。ネオレアリズモの代表的存在。多くの作品が日本語訳されている。 本名アルベルト・ピンケルレ(Alberto Pincherle)としてローマに生まれる。父カルロはユダヤ人で建築家。母ジーナはアンコーナ出身だが祖先はダルマチア出身。モラヴィアという筆名は、父方の祖母の旧姓に由来する。 7歳のときカリエスを病んだために小学校を中退し、3年間にわたる自宅療養と2年間にわたるコルティーナ・ダンペッツォでのサナトリウム生活を余儀なくされる。病床でドストエフスキーに読み耽ったことから小説を書き始め、1925年、退院の年から処女長篇『無関心な人びと』Gli Indifferentiを執筆。1927年からは『900』誌に短篇を発表し始めた。 1929年に自費出版した『無関心な人びと』がイタリアの読書界に大きな反響を呼ぶ。以後、La StampaやLa Gazzetta del Popoloなどの新聞で活躍。