皆の本棚にあるアルバート・エリスの本

アルバート・エリス
File:Albert_Ellis_2003_emocionalmente_sentado.jpg thumb アルバート・エリス
アルバート・エリス(Albert Ellis、1913年9月27日 - 2007年7月24日)は、アメリカの臨床心理学者であり、論理療法(Rational Therapy:RT)の創始者として知られた。アドラー心理学の影響を受け、北米アドラー心理学会の会員でもある。1982年のアメリカ心理学会による調査「20世紀に最も影響の大きかった心理療法家」ではカール・ロジャーズに次いで、堂々2位に選ばれた。また、1957年以降、論文への引用頻度でも一位を続けていた。
1959年にニューヨーク州にアルバート・エリス研究所(Albert Ellis Institute)という非営利の研究所を設立し、長年理事長を務め、晩年はアルバート・エリス研究所の名誉所長を務めていた。2005年9月に研究所の理事会に除名され、ニューヨーク州高等裁判所の裁定により復職している。