皆の本棚にあるアマルティア・センの本

アマルティア・セン
アマルティア・セン(ベンガル語:অমর্ত্য সেন、ヒンディー語:अमर्त्‍य सेन、英語:Amartya Sen、1933年11月3日 - )は、インドの経済学者。哲学、政治学、倫理学、社会学にも影響を与えている。アジア初のノーベル経済学賞受賞者。1994年アメリカ経済学会会長。ベンガルで生まれ、9歳の時に、200万人を超える餓死者を出した1943年のベンガル大飢饉でセンの通う小学校に飢餓で狂った人が入り込み衝撃を受ける。またこの頃、ヒンズー教徒とイスラム教徒の激しい抗争で多数の死者も出た。これらの記憶や、インドはなぜ貧しいのかという疑問から経済学者となる決心をしたと言われる。宗教は無神論者。 1933年 アマルティア・センはインドのサンティニケタン(Santiniketan)に生まれる。 カルカッタ・プレジデンシー大学(現在のコルカタ大学)の経済学部を卒業する。 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで学ぶ。 1955年 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジを卒業する(B.A.)。