皆の本棚にあるはやみね かおるの本

はやみねかおる
はやみね かおる(1964年4月16日 - )は、日本の男性小説家。三重県伊勢市出身。三重県立宇治山田高等学校、三重大学教育学部数学科卒業。ジュブナイルミステリを主に書く。 小学校教師として、本嫌いの子供に本を薦めるうちに自分でも書き始める。1989年、『怪盗道化師(ピエロ)』が第30回講談社児童文学新人賞に佳作入選し、デビュー。 「勇嶺 薫(はやみね かおる)」名義でも本を刊行している。本名は非公開としている。小説のあとがきには、必ずと言っていいほど、自分の妻・2人の息子、そして本を製作するにあたって協力した人に対し、感謝の意を述べている。作品同士は世界観と登場人物を共有していることが多く、所々に散りばめられたパロディも特徴である。デビュー当時から必ず、あとがきの最後に「Good Night,And Have A Nice Dream」という一文をつけている。 夢水清志郎シリーズは、1999年にNHK教育テレビで「双子探偵」というタイトルでドラマ化された。 著作 シリーズ作品 名探偵夢水清志郎事件ノートシリーズ 自称名探偵で、大の自信家である夢水清志郎(ゆめみず きよしろう)と、岩崎亜衣(いわさき あい)・真衣(まい)・美衣(みい)の三つ子の三姉妹を主人公とするジュブナイルミステリ。

12345678910

12345678910