皆の本棚にあるはすみとしこの本

はすみとしこ
はすみとしこ(Toshiko Hasumi、蓮見 都志子)は、日本の漫画家。 時事風刺など風刺漫画を描く。「カリカリ企画ホワイトプロパガンダ漫画家」と称する。「カリカリ」とは、漫画を描く音喩(おんゆ)の「カリカリ」と、はすみが好きな猫のドライフードの音「カリカリ」から由来する。 政治観は保守、あるいは、愛国。「国の利益の為なら、右も左も関係ないじゃないか」と自己紹介。好きな言葉は「世の為 人の為」。評論家のトニー・マラーノと日本国内外でさまざまな活動を行う。はすみは、ノンポリと言われる人、政治に興味がない人に向けて(メッセージを)発信している。私は政治の入り口の誘導員みたいなところ。と自己紹介した。 風刺漫画家として、(自身が)嫌いな対象者は、汚くは描かず、綺麗に描くと自己紹介する。その点は、小林よしのりとは違うと、ラジオ番組は伝えた。また、自身の風刺漫画(風刺イラスト)について、私自身の(好き嫌いの)感性ではなく、第三者から見たらどうなのか(対象を第三者から見たらどうなのか)を描くとする。